プカランド漂流日記

絵に関することを綴るブログ。

鉛筆、ペンによるアナログスケッチ。模写、練習絵をメインに投稿します。 たまに技法書の感想なども書きます。

プリキュア ワンドロ 透明水彩

f:id:gnk385:20180416105738p:image

今年はプリキュア 15周年。

これからも愛していきます。

(ワンドロとは1時間でイラストを描くこと。この絵はツイッターで催されているプリキュア ワンドロで描いたもの)

画材・透明水彩、シャーペン

時間・1時間弱

「筋肉の描写の参考になる最高の良書」を探す日々

先日、ミシェル・ローリセラ氏の新しい本、箱と円筒で描く モルフォ人体デッサンが販売されていた事を知り、さっそく本屋に出向いた。

 

氏は「モルフォ人体デッサン 形態学による人体を描くための新テクニック 」の著者として知られている。

モルフォ人体デッサン 形態学による人体を描くための新テクニック

モルフォ人体デッサン 形態学による人体を描くための新テクニック

  • 作者: ミシェル・ローリセラ,布施英利,ダコスタ吉村花子
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2016/12/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 ↑こちらは購入済。ちょうどいい大きさと挿絵1000点以上のボリューム。いまでも模写している。

 

箱と円筒で描く モルフォ人体デッサン ミニシリーズ (モルフォ人体デッサンミニシリーズ)

箱と円筒で描く モルフォ人体デッサン ミニシリーズ (モルフォ人体デッサンミニシリーズ)

  • 作者: ミシェル・ローリセラ,布施英利,ダコスタ吉村花子
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2018/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

(↑当ブログ、アフィは無いので↑アフィリンクではない)

 目的の本は店頭に平積みされていた。手にとってパラパラと立ち読みしてみる。

糸がかり製本で開きやすい仕様になっており、コミックスサイズで持ち運びしやすく、使いやすそうだった。

薄くて小振りな中にぎっしりと300点以上の美しいデッサン絵が掲載されていた。

作画作業の合間や、出先のスキマ時間に眺めるのを想定しているようだ。

 

しかし、内容に関して、不満がないわけではなかった。

絵に関する説明が少なすぎてデッサンの理解が深まりそうにないし、

箱、円筒の活用の仕方もポピュラーなもので特に新しい情報はなさそう

そう感じたので、買うことをためらった。

(もしかしたら、模写するとなにか分かってくるのかも知れないが。)

 

前々から感じていたが、自分は基礎的な筋肉、骨格の理解が薄い。

ハウツー本に頼る前に、まずそこを埋めなければならない。

この本を買うのはその後だ。

 

筋肉、骨格のための参考書を探して店内をウロウロ。

 

美術解剖図を扱ったデッサン本は数冊あるけど、自分の絵に使うには不要な情報が多かったり、挿絵が鉛筆画で見づらかったり、そもそも数が少なかったりで決め手に欠けていた。あと高価だし。

 

筋トレのための人体解剖図

筋トレのための人体解剖図

 

 そして見つけたこの本。医学とかのコーナーにあった「筋トレのための人体解剖図」

f:id:gnk385:20180408160815j:plain

筋トレのための人体解剖図 成美堂出版

こんな感じで綺麗なイラストと一緒に筋肉の場所を書いてくれている。

運動時に連動する筋肉はどの部分かをテーマにしているので、絵の参考にするのは本来の使い方ではないが、めっちゃ役に立つ。

f:id:gnk385:20180408160833j:plain

筋トレのための人体解剖図 成美堂出版

スポーツに関する筋肉の動きにも記述している。

筋肉の部位を覚えるにはうってつけじゃないかな?

 

(おわり)

6期ゲゲゲの鬼太郎放送開始記念イラスト

f:id:gnk385:20180401104532p:plain

今日(4月1日)から放送開始です。

猫娘の足が綺麗だったので、勢にまかせて描きました。

 

今回は厚塗り(グリザイユ画法)にチャレンジ。

いままで何度も失敗しているので少しためらいましたが、

レイヤーをあまり増やさなくていいのでストレスが減るかなと期待。

慣れない技法なので「終りが見えない」錯覚に陥りました。

イムリミット(放送初日)が来たので筆を置きましたが、まだまだ手直ししたい箇所はチラホラ。

 

ゆるゆるとがんばります。

 

※CLIP STUDIO・厚塗り・10数時間

 

 

キャミィ(筆ペンスケッチ)

f:id:gnk385:20180312141122j:image

ネットでキャミィのコスプレ写真をみたせいで、懐かしい気持ちになり絵を描きたくなった。

机の上に転がってる筆ペンでささっとデッサン。

強弱がつきやすく、豪快な線も繊細な線も引けてしまう筆ペンはコントロールが難しい。

しかも修正があまりきかない分、緊張感がもろに線に出てしまう。

使いこなせればきっといい絵がかけるんだろうな。

 

 

ガルパンスケッチと模写

f:id:gnk385:20180307140543j:image

ガルパンのキャラを描きたくて、手慣らしに描いてみたアンチョビ。クルクル巻き髪が可愛い。

 

f:id:gnk385:20180307140608j:image

写真を参考に模写。

多少デフォルメを加えるといい感じになるショートパンツとおさげがお気に入りポイント。

 

メモ帳、鉛筆、2〜30分

練習絵 アズールレーンの愛宕ちゃん

f:id:gnk385:20180226093844j:plain

f:id:gnk385:20180226094345j:plain

線画の一部。

はみ出しは肌の色レイヤーで隠すので消していない。

イラスト練習 おいしい小籠包

f:id:gnk385:20180221143114j:plain

練習の甲斐あってちょっと手が描きやすくなってきた

30分ラクガキと練習絵

1日一枚くらいのペースでラクガキ。

f:id:gnk385:20180214141534j:image

キュアアンジュ

f:id:gnk385:20180214141559j:image

キュアエトワール

f:id:gnk385:20180214141628j:image

バレーボールお姉さんの写真模写

f:id:gnk385:20180214141731j:image

柔軟体操

f:id:gnk385:20180214141919j:image

半裸リンク

 

f:id:gnk385:20180214141803j:imagef:id:gnk385:20180214141838j:image

手足の練習

 

人造人間18号のペン入れ(1時間)と手のデッサン

f:id:gnk385:20180207110701j:image

 もう少し生きた線が引けるといいな

 

f:id:gnk385:20180207140242j:image

ついでに手が苦手なので

毎日手の練習をすることにした。

練習は嫌いなのだが

やらなきゃ進歩しないよな。

キュアエール (完成9時間)

f:id:gnk385:20180205105029j:image

2018年2月4日

HUGっと!プリキュアが始まりました。
今回のプリキュア川村敏江さんによるデザインです。

キャラデザの参加はスマイルプリキュア以来。6年ぶりです。

その中のメインキャラ、キュアエールを描いてみました。

 

キュアエールは野乃はなが変身するプリキュア
イメージカラーはピンク。元気のプリキュア

チアガールをモチーフにした衣装デザイン。

天女っぽいイメージも少し入っている気がしました。

「みんなを応援!」が決めゼリフです。

 

エールとは英語で「yell」の綴りだと「応援」の意味、フランス語で「air」の綴りだと「天空」の意味。

  

いつも以上に可愛いキャラが元気に活躍する作品になりそうで、今後に期待です。

 f:id:gnk385:20180205140436j:image

キュアエールのラフ

 

 

厚塗りの練習

f:id:gnk385:20180203160422j:plain

CLIP STUDIO

作業時間 ラフから6時間

人体デッサン 筋肉の名前

 

ずいぶんたくさんイラストを描いてきたけど、

いまだにポーズに悩む。

筋肉のつき方がわからない。

なぜ描けないのか考えていると、

いまだに筋肉の名前をうろ覚えだと気付いた。

 

f:id:gnk385:20180126190408j:image

 

それじゃダメだと思って今更勉強をはじめる。

デッサン本を漁って筋肉の名前をしらべてみた

すると長年参考にしてたルーミス先生の本が筋肉の名前を誤表記していたことを知る。

 

「やさしい人物画」

f:id:gnk385:20180126191905j:image

仕方ないので青鉛筆で修正。

校正は入らないのだろうか?

まぁこの本はデッサン本というよりルーミス先生の画集みたいなものだししょうがない。

 

筋肉の名前を知らなくても絵は描けるけど、

速く正確に仕上げるなら知ってて損はない。

ちょっとずつ覚えていこう。

 

 

 

 

 

 

 

買った本 CLIP STUDIO 時短テクニック

f:id:gnk385:20180124010520j:plain

三年ぐらいCLIP STUDIOを使い続けてるけど

機能が多すぎて使いこなせていない。

 

単純に知識量の問題なので勉強のためにこの本を購入した。

まだパラパラ読んだ段階だけど

「へー!こんな方法あったのか 使えそう!」

と感じるテクニックがあった。

 

価格は3000円ほどで、他の教本と比べると高め。

 

だけど無駄を省いて時間を作れれば十分元は取れると思う。

社会人になってから絵を描き続けるにはどうしても時間が足りないのだ。

 

昼描いた創作絵 猫耳水着美少女

f:id:gnk385:20180123140544j:image

ハガキサイズにシャーペン

清書だけど15分かかった

今朝描いた創作絵 カウガール風

f:id:gnk385:20180123140245j:image

A4原稿用紙 鉛筆画 20分